お問い合わせ

QUALITY POLICY

経営理念


 お得意先・域社会・社員の協業のもと、新しい価値を創造し、お客様への喜びと満足の提供を通じて、豊かな暮らしの実現に貢献します。

 三協立山グループの特殊加工専門会社として、スピード感を持ってベストな物づくりを追求し、安全・健康第一、品質本位にて『 安全(S) 品質(Q) 納期(D) コスト・生産性(C) 』の目標を達成する為に誰もが決められたルールを守り市場の変化に柔軟に対応し健全な収益創出を目指す。

<指針>

              ~顧客満足~

1.品質レベル(活動・意識)の高位平準化による顧客満足向上
  ・識別・変化点・リスク管理の徹底及びレベルアップ

   FMEA・過去トラ・QKY情報の展開にて不具合要因の潰しこみ
  ・徹底的な真因追及により守れる対策と環境整備の推進
   シンプルで作業者にやさしく負荷の少ない作業環境への改善

             ~社会との調和~
2.環境・地域社会・人との調和を考え「より快適な製品」の提案                     

              ~価値創造~

3.生産する製品に対する技術・特長を活かす「モノつくり」の改善と強化

              ~自己研鑽~

4.QMSのシステム・プロセス・製品の継続的改善で、当社目標の達成

   


基本方針


 行為保証(正しい手順でルールをしっかり守る)を基本とし作業者の負荷を軽減できる作業環境を構築すると共に、自工程完結できる品質保証体制の確立に向け変化点、識別、リスク管理を強化することで正常・異常の見える化を推進し顧客に安心してもらえる製品の安定供給を目指す。

重点項目
 (1)行為保証できる作業環境・品質保証体制の確立
    ・不具合品が発生しない、流出させないラインの構築
    ・行為保証度点検活動の継続と繰返教育によるルール順守点検の実施
    ・5Sの徹底と3F(不平・不満・不安)を解消しヒューマンエラーが発生しにくい作業環境への改善
    ・識別管理の徹底と正常・異常の見える化の推進
 (2)変化点管理の強化
    ・4M変更時の品質確認徹底により変化点時の苦情防止
    ・3H(初めて、久しぶり、変化点)の管理強化
 (3)リスク管理の強化
    ・過去トラブル発生苦情要因の再点検とQKY情報を活用した再発苦情防止
    ・工程内不良の徹底した真因追及と対策の継続実施及び水平展開


 

2021年6月1日    
協立アルミ株式会社    
代表取締役社長      
向井 清和